合同会社とは

合同会社とは2006年の会社法改正によって設けられた新しい会社形態です。原則的に出資者と経営機関が分離している株式会社と異なり、合同会社は出資者が社員として経営にも関与します。株式会社に比べて設立・維持コストが安く抑えられるため、個人事業主の法人化やベンチャー企業の設立に近年多く用いられています。

合同会社は株式会社よりも組織運営に関する自由度が高く、柔軟な経営ができるメリットがあります。例えば、出資比率に応じて会社の利益が配当される株式会社に対し、合同会社は出資比率に関係なく能力に応じて利益の配分を調節できます。また、株主総会などの“監視機関”の設置義務がないため、スムーズな意思決定が可能です。

日本の大手企業では「西友」「ユニバーサルミュージック」などが合同会社として経営されいます。 平成23年にはApple(アップル)の日本法人「アップルジャパン」が株式会社を解散し、合同会社に移行しています。